様々な種類が展開されている

微笑む女の人

クレンジングには様々な種類があります。ジェルタイプのものやオイルタイプのものと、その数はとても豊富です。ランキング上位の商品であっても、一番重要な事は自分の肌との相性です。口コミなども参考にして選ぶようにしましょう。

メイク落としを使うことが基本

さて、メイクアップをした後にはクレンジングオイルやクリームなどをみなさん使用されている方がほとんどだと思います。
ですが、中には洗顔フォームだけで落としているという人がまれにいらっしゃるようです。
落ちればいいじゃないかと思われる方もいるかもしれません。
ですが、落ちているようでも実は落ちておらず、肌荒れを引き起こす一因になることもあるようなのです。
というのもクレンジングの類で落ちるものと、洗顔フォームで落ちるものとは種類が違うのです。
クレンジングは主に油溶性の汚れを落とすものです。
つまりはメイクアップ用品です。
そして洗顔の類が落すのはほこりやちりといった汚れです。
したがってクレンジングだけでも完全に汚れは落ちませんし、洗顔だけでも完全に汚れは落ちないのです。

部分用のクレンジングには様々な種類がある

さて、上記ではクレンジングと洗顔のすみわけについてご案内をいたしました。
続いては、その種類と使い分けのコツをご案内いたします。
たとえば、ウォータープルーフのマスカラをしっかり落としたい場合です。
その場合多くの方はオイルタイプをチョイスするようです。
オイルのタイプのほうが洗浄力に優れているものが多いことが理由でもあるようです。
ですが、オイルタイプは洗浄力に優れている分、乾燥しやすいといったものが多いとのことです。
本当はクリームのような形状を使用したいが落ち具合からオイルにしているという意見を多く聞きます。
この時おすすめなのは部分用のクレンジングです。
目の周り専用の乳液タイプのものや、マスカラ式になっていてなじませると落ちるタイプもあります。
ぜひ自分のお肌に合わせて使い分けてみてください。

上手な使い方をしよう

鏡を見る女性

化粧品は、最初は誰でも使い方を詳しく知らないものです。慣れてきた頃に使い方が雑になると、肌への負担が強くなる場合もあります。ランキングで人気のクレンジングでも、使い方によって効果は変わります。正しい使い方を学びましょう。

お肌の汚れを落とす事で清潔に保とう

メイクをしたりすると、その分お肌に負担がかかっています。
そのため、メイクを落とさずに寝てしまったりすると、荒れてしまったり、吹き出物ができてしまったりします。
そうならないためにも、クレンジングを使ってメイクを落として、清潔に保つ必要があります。
また、何もつけていなくても、日常生活をしているだけで、空気の中の汚れや、ホコリなどがついてしまったりします。
また、余分な皮脂なども出てきてしまいます。
そのため、メイクをしていなくても、顔を洗って、綺麗にしていなければなりません。
洗顔後、肌の状態に合わせて美容液をつけたりして、潤わすことも大切です。
乾燥してしまい、肌荒れの原因になってしまう場合などもあります。

おすすめの記事